AGA

男性型脱毛症(AGA)は、多くの男性が悩む脱毛の問題です。当院では、デュタステリド、フィナステリド、ミノキシジルの内服治療や、頭皮が荒れていることが脱毛の原因の場合は保険適用の治療も提供しています。このページでは、これらの治療法のメリット・デメリット、注意事項、おすすめ内容について解説します。

治療法の概要

1.デュタステリド

デュタステリドは、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害し、男性ホルモンの影響を抑えることで、脱毛の進行を遅らせる効果があります。内服薬として用いられます。

2.フィナステリド

フィナステリドも5αリダクターゼを阻害する内服薬ですが、デュタステリドとは異なるタイプの5αリダクターゼに作用します。デュタステリドよりも副作用のリスクが低いとされています。

3.ミノキシジル

ミノキシジルは、血管拡張作用があり、頭皮の血行を促進することで、毛髪の成長を促します。内服薬として用いられます。

4.保険適用の治療

頭皮が荒れていることが脱毛の原因の場合、皮膚科的な診察や治療が保険適用となることがあります。症状によっては、ステロイド剤や抗真菌剤などの処方が行われることがあります。

メリット

1.効果的な治療

デュタステリド、フィナステリド、ミノキシジルは、いずれもAGAの治療に効果が認められており、脱毛の進行を遅らせたり、毛髪の再生を促したりすることが期待できます。

2.内服薬による手軽さ

内服薬であるため、自宅で手軽に治療を行うことができます。毎日の生活習慣に取り入れやすく、継続的に治療を行うことが可能です。

3.保険適用の治療

頭皮の状態が脱毛の原因である場合、保険適用の治療が受けられることがあります。治療費用を抑えられるため、経済的にも負担が少なくなります。

デメリット

1.副作用のリスク

デュタステリドやフィナステリドには、性機能障害や肝障害のリスクが報告されています。ミノキシジルにも、頭痛や動悸などの副作用があることが知られています。

2.継続的な服用が必要

効果を持続させるためには、継続的な服用が必要です。治療を中止すると、効果が徐々に失われていくことがあります。

3.治療期間

ヘアサイクルによる脱毛と生え変わりがあるため、効果を実感するまでには最低でも半年以上かかります。

4.定期的な採血が必要

治療開始前には必ず血液検査を行います。その後、内服による肝障害やその他の影響が出ていないか、確認の血液検査を行います。1年に1回程度、健康診断を受けておられる場合は、その結果を代用することもできます。

5.やめると脱毛がまた始まる

男性ホルモンは出続けており、頭髪に対する男性ホルモンをブロックするための治療であるため、内服を止めるとまた男性型脱毛が始まります。

注意事項

1.医師との相談

治療を始める前に、必ず医師と相談しましょう。適切な治療法を選択することが、効果的な治療につながります。

2.副作用に注意

副作用が現れた場合は、すぐに医師に相談してください。症状に応じて、治療法の変更や中止が必要になることがあります。

3.継続的な治療

効果を持続させるためには、継続的な治療が重要です。治療を中断すると、効果が失われることがあるため、注意が必要です。

おすすめ内容

当院では、患者様一人ひとりの状態や要望に応じて、最適なAGA治療プランを提案いたします。医師とのカウンセリングを通じて、デュタステリド、フィナステリド、ミノキシジルの内服治療や、保険適用の治療を検討することができます。継続的な治療を行い、脱毛の悩みを解消しましょう。

まとめ

男性型脱毛症(AGA)治療には、デュタステリド、フィナステリド、ミノキシジルの内服治療や、保険適用の治療があります。これらの治療法は、効果的で手軽に行えるものですが、副作用のリスクや継続的な服用が必要というデメリットもあります。治療を開始する前には、医師との相談が重要です。

当院では、患者様の状態や要望を考慮した最適な治療プランを提案し、脱毛の悩みを解消できるようサポートいたします。どんな些細なご質問や不安も遠慮なくお聞かせください。

男性型脱毛症(AGA)は、現代社会で多くの男性が抱える悩みのひとつです。しかし、適切な治療を行うことで、脱毛の進行を遅らせたり、毛髪の再生を促すことができます。ぜひ当院で、専門的な知識と経験を持つ医師・カウンセラーと共に、最適な治療法を見つけ、脱毛の悩みの治療をされてはいかがでしょうか。

料金

デュタステリド(国内流通製薬メーカー製) 1箱1か月分 6,800円
フィナステリド(国内流通製薬メーカー製) 1箱1か月分 4,900円
ミノキシジル(海外製薬メーカー製) 5mg  30日分 11,000円

未承認機器を用いたことの記載

上記の治療法に用いられる治療薬の中には、日本国内においては薬機法上の承認を受けていないものが含まれています。
*承認を受けていない医薬品・医療機器について「個人輸入において注意すべき医薬品・医療機器について」は、厚生省のホームページでご確認ください。